脱サラ人生も悪くない

なんとかなる!前を向いて生きるだけ

日記

路上鑑定

投稿日:

函館に3泊してきた。宿は駅からそのまま歩いて10分ほどのところにあった、大きなバッグに3日分の着替えを詰めるとそこそこの重さになる、乗り換えで駅構内を歩くだけでも重さが身に染みる、駅から10分は長すぎた。回りを見回すとみなさんが連れているのはキャリーバッグである、今どきこんなスタイルは野暮なのだろう。ホテルが見えた、ちょっと行けば神社があって裏はもう海である。今年の春リニューアルしたとのことで新しくきれいな宿に泊まれるぞ、と楽しみであったのだがリニューアルしたのは別館の方であり、僕が案内されたのはいい加減リニューアルしたほうがいいのではないか、と思わずにはおられない古びた本館の方である。

別に騙されたわけではない、多分予約をよく確認すれば本館と記載があるはずである、毎度のことながら早とちり、空回りであった。フロントでチェックインをすると右が黒を基調とした洒落た別館、そして左にあるのが古ぼけた本館。温泉は新館の1階にあり共通であるが食事場所は違う。あまりというかやっぱりいい気持ちはしない。そして肝心の部屋はどうかというと僕が世話になる部屋は完全なビジネスホテルのそれであった。もう少し幅が狭くてもいいのにと思われるベッドがあるだけ、壁際にはナイトテーブル、椅子に座ってもベッドとの隙間が狭いのでとにかく窮屈。

ベッドは旧式といえばいいのかエアコンのスイッチやラジオのチューナーそして部屋の明かりなどのスイッチが組み込まれたパネルが枕元に組み込まれている、今でもたまに見かけるスタイルであるがここでもそうであった、時計が狂っている。年季の入ったタオルケットが掛けられておりゴロリと横になると侘しさが増した。近所のコンビニで買った酒を小さな冷蔵庫に入れる、ついつい買いすぎてしまうのは酒が切れたら困るからか。駅からは一本道なのでわかりやすかったが途中占い師さんが路上に座っていた、占いには興味があるのでチラリと見ると目が合った。上品そうな女性の先生であり「いかがですか」と声をかけられた。世間話を少しした、新潟出身とのことでした。

-日記

執筆者:

関連記事

no image

界面活性剤について

前回が床屋さんの話だったので引き続き石鹸やシャンプーについて聞いた話を書いてみます。 界面活性剤って聞いたことがありますか。化学的なことはよくわからないのですが、水と油のように本来混じり合うことがない …

no image

パワースポットを訪れるなら

来月ちょっとした集まりが名古屋で開かれます、参加する予定なのですが名古屋などそうめったに訪れることはありません、一泊して翌日は市内観光でもと考えてみました。そしてこういった時行くべき場所はただ一つ、そ …

no image

手相を見てもらうはずが・・・

上野まで遠征しました、ちょっとした会合に顔を出したのですが終了後は恒例の酒席にみんなで移動です。人数もそこそこ、おまけに幹事は運営側がつとめるのでお店は自然と居酒屋、ひとり5000円コースの飲み放題と …

no image

人気部位

歴史上の人物の写真を見ると、ヒゲをたくわえた方が実に多いですね。特に「英雄」と称される方など威厳を誇るかのようです。僕の場合頭髪と眉は濃いのですがヒゲは、というか体毛全体が薄いので一時期ヒゲが濃い人が …

no image

ペットを飼うということについて

動物は嫌いではないのですがペットとして飼うことは嫌いです、犬やネコなどは、鳥のように自由に野生で生きていくことなどもうできなのでしょう、何といってもよいのかかわいそうになってしまうのです。そんなペット …