脱サラ人生も悪くない

なんとかなる!前を向いて生きるだけ

日記

野良犬の思い出

投稿日:

たとえば犬の寿命が昔に比べ倍以上に延びているそうです(詳しくはこちら)、この場合の犬とは飼育犬、ペットのことですね。では野生のほうはどうか、といってもそんな生き物は見当たりません。もしかしたら人里離れた山の奥くにでも行けば生息されているのかもしれませんが。それから野良犬もすっかり見かけることはありませんね、街中で野良犬など想像すらできません、うっかりウロウロしていたらたちまち保護されてしまうでしょう。

しかし遠い昔、まだぼくが子供だった頃、野良犬は珍しいものではありませんでした。子供ながら遠巻きに眺めたりおっかなびっくり近寄ってみたりしたものです。飼い犬とは違い警戒心も強く獰猛なやつもいて、たまに追いかけられたりしたことがありますが連中の足にかなうわけがなく、とっ捕まってガブリをかまれた思い出も忘れられません。犬は怖い生き物、子供の頃抱いたそんなイメージもあってか、僕は犬があまり好きではありません。

そんな犬の寿命が延びた理由は犬本人がたくましくなったわけではなさそうです、住みやすい環境になってきたことにあるのでしょう。犬と言えば庭に犬小屋を建て外で飼うことが普通であり、外国のドラマのように室内で飼うことなどむかしはあり得ませんでした。犬小屋には表札があって子供が書いたヘタクソな字でポチとかシロなどと書かれていたものです。それが今では室内犬の数のほうが上回っているのだとか。エサもそうで残飯に味噌汁をぶっかけただけ、これが定番でしたが今では栄養豊富なものが溢れています。

しかしハイカラな服を着せられたぬいぐるみのような犬を見ると、まるでおもちゃです。彼らにはこのような生き方しかたぶんありません、人間の玩具としてしか生きるしかない彼らは幸せなのでしょうか、聞いて見なければわかりませんが僕にはとてもかわいそうというか、生き物をこんな風に扱っていいのだろうかなどと思ってしまいます。寿命が延びたとはいっても無理やり延ばされているのかもしれません。

-日記

執筆者:

関連記事

no image

路上鑑定

函館に3泊してきた。宿は駅からそのまま歩いて10分ほどのところにあった、大きなバッグに3日分の着替えを詰めるとそこそこの重さになる、乗り換えで駅構内を歩くだけでも重さが身に染みる、駅から10分は長すぎ …

no image

界面活性剤について

前回が床屋さんの話だったので引き続き石鹸やシャンプーについて聞いた話を書いてみます。 界面活性剤って聞いたことがありますか。化学的なことはよくわからないのですが、水と油のように本来混じり合うことがない …

no image

人気部位

歴史上の人物の写真を見ると、ヒゲをたくわえた方が実に多いですね。特に「英雄」と称される方など威厳を誇るかのようです。僕の場合頭髪と眉は濃いのですがヒゲは、というか体毛全体が薄いので一時期ヒゲが濃い人が …

no image

ペットを飼ってはいけません

新聞の読者投書欄で公園にペットを連れ込むことに対する賛否の声がいくつか取り上げられていました。ペットはかわいいものなのでしょうが中には苦手な人だっていることや、ブラッシングをするのはいいが回りに人がい …

no image

在宅ワーク、ネットやスマホで広がる未来

静岡市が政令指定都市になったのが2005年の4月の話なので、あれから15年もたつのですね。もうそんなになるのかと今更ながら「光陰矢の如し」のたとえの通りです。 さて、その政令指定都市なのですが本来人口 …